肌のバリア機能

肌に関して悩みを抱える方が多い時代ですが、特にアトピーで悩む方はとても多いものです。このアトピーという症状は、アレルギーを起こしやすい体質を持っている方、また皮膚のバリア機能が弱い人は多く症状を持ちやすいという特徴を持っています。また、症状としては、赤みができたりかゆみが起こったりすることがあります。肌の状態も乾燥赤みのあるのが特徴的です。症状は良くなったり悪くなったりといった状態を繰り返します。なかなか治らないことが多い症状と言えるでしょう。を繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。

皮膚は単に存在しているのではなく、皮膚の表面の皮脂膜や角質細胞、角質細胞間脂質などの部分がバリアの役割を持っていて、外部らの物質が侵入してくることを防止しています。また水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいます。これは健康的な皮膚であれば誰でも備わっている機能ですが、アトピーの症状を持つと皮膚のバリア機能が弱くなっています。そのため、外部からの異物が簡単に皮膚の中まで入りこみやすくなってます。これによってより肌の状態が悪化してしまうのです。アトピーを改善していくためには、肌を保護し、バリア機能が弱くなっている状態に外から保護をしていくことが重要になります。アトピーになると刺激に対して敏感になるのでケア用品の使用では十分に注意が必要ですが、安心できる商品であれば使用をして肌を保護していくことが大切です。

Pocket